スタイリストになるために必要な授業とは

スタイリストになるための専門学校で、どのような授業を行うのでしょうか。その授業内容について解説します。

スタイリストになるための授業

>

スタイリストを目指す専門学校の授業内容

スタイリストになるための授業はこれ!

ファッションスタイリストを目指すには、専門学校で基本的な知識と技術力を伸ばす必要があります。
ファッション業界は常に即戦力を求めているので、全く知識のない状態の人をスタイリストとして採用するより、
知識と技術を持っている人を積極的に採りたがっています。ですので、専門学校でしっかり学力をつけることが必須なのです。

では、実際専門学校でどのような授業が行われているのでしょうか。
学校によって少し差異はありますが、最も取り入れられている授業についてを解説します。
スタイリストを目指したいと考えている人は、専門学校のこともよく知っておく必要があります。ぜひ参考に!

スタイリング

まず最も基本となる授業です。専門学校の中にはたくさんの衣装がありますので、それらをうまく組み合わせながらスタイリングについて学んでいきます。
決められたテーマに合わせてスタイリングしたり、クラスメイトのスタイリングを評価したりなどなど、いろんなカリキュラムが組まれています。

ヘアメイク

スタイリストは服だけでなく、ヘアメイクに関する知識も必要です。全身をコーディネートする技術があれば、スタイリストとして重宝されます。
ファッションにあったヘアメイクを学び、スタイリングと合わせて全身コーディネートを行う授業もあります。

マーケティング

スタイリストは常にファッションの最先端を知っておく必要があります。
どのようなものが人気で、どのようにすればそのファッションがより周知されるのかといったマーケティングに関する勉強も行います。

実習

実際にプロのスタイリストのアシスタントになり、ファッションショーやイベントなどのお手伝いに行く授業です。
スタイリストの仕事がどのようなものかを直に学ぶことができ、また授業で学んだことを活かせる機会にもなります。
ここで経験を積んだ学生が、お世話になったスタイリストの元へ弟子入りし、スタイリストデビューすることも珍しくありません。

top