スタイリストとして活躍するならフリーランス?

著名なスタイリストはフリーランスで活躍している人が多いです。実際、スタイリストはフリーランスのほうが働きやすいのでしょうか。

スタイリストはフリーが働きやすい?

>

スタイリストはフリーランスが最も働きやすい?

スタイリストはフリーランス?

スタイリストには事務所所属とフリーランスの2パターンがあります。
テレビに出るくらいの有名なスタイリストはほとんどフリーランスが多く、事務所に所属しているスタイリストは少ない傾向にあります。

では、スタイリストはフリーランスの方が仕事がとれ、稼ぎやすいのでしょうか。
ここで結論を書きますと、仕事次第です。仕事次第ではたくさん稼ぐこともできますし、逆に全く仕事が入ってこないこともあります。
フリーランスに求められるのは、実力と人脈、そしてコミュニケーション能力です。
これらがしっかり兼ね揃えた人ほど、フリーランスで活躍することができます。

人脈がないと仕事が来ない

フリーランスは事務所の規定に縛られず、自分のスタイルを貫くことができますが、顧客がないと仕事にならないのが現状です。
フリーランスで最も必要になるのは人脈だと考えていいでしょう。信頼におけるスタイリストにならないと、仕事が舞い込んできませんし、
人柄を評価されないと、営業をかけてもうまくいくことはありません。

柔軟に対応し、コミュニケーション能力を持っている人ほど、
たくさんの人にスタイリストとして認められるようになります。もちろん実力とセンスがあってこそですが。

自分のスタイルを確立できるフリーランス

フリーで活躍するのはなかなか大変ではありますが、軌道に乗ると十分な稼ぎを得ることができます。
また、自分の中にあるファッションスタイルを活かしながら仕事ができるので、とてもやりがいが感じられると思います。

フリーランスとして軌道に乗るには、たくさんの実績を積む必要がありますので、簡単なものではありませんが、
やりたいことができる仕事を確かに獲得することができます。

いきなりフリーランスは厳しい?

専門学校を卒業し、スタイリストのアシスタントとして活躍した後、フリーランスになるケースが最も多いですが、
いきなりフリーランスだとまず仕事が来ない可能性があります。

最も仕事を得やすいパターンは、事務所に一度所属し、たくさんのクライアントとの人脈を広げることです。
たくさんの人脈があれば、フリーランスになった時に仕事を探しやすいといえるでしょう。
事務所で実績を積んだ後、独立してフリーランスになるのが最もスムーズかもしれません。

top